任意保険 弁護士特約

任意保険の弁護士特約

交通事故などのトラブルの後の相手方保険会社との面倒な交渉を弁護士に任せてしまうことができるのが、弁護士特約と呼ばれるものです。 加入している任意保険、弁護士特約(弁護士費用等補償特約)を付けていると、 弁護士費用特約で保障される上限額は、300万円まで(法律相談料は10万円まで)と設定されている保険会社が多いようですが、自己負担額は0円で、示談や裁判について依頼することができます。 基本的に任意保険というのは、その任意保険の加入者が加害者になった場合にしか、相手との示談交渉ができません、自身が被害者の場合は相手への損害賠償が発生しないからです。 任意保険の「弁護士費用等補償特約(自動車)」は、主に自動車事故で持ち物の損害が発生したときや、 自動車事故でケガをしたときなどに、その弁護士費用を補償する特約で、自動車事故などの事故に関する損害賠償の請求のために必要となる弁護士費用や、弁護士などへの法律相談費用などを保険金としてお支払いするという制度の保険会社もあります。 なお、弁護士費用特約を利用するときに、どの弁護士に相談や依頼をするかは被害者側の自由であり、自身が選んだ弁護士に任せることができるので、保険会社が紹介する弁護士に依頼しなければならないというわけではありません。