任意保険 年齢制限

任意保険の年齢制限について

任意保険の多くは、運転する方の年齢を制限することで、保険料を格段に抑えることができるものがたくさんあります。 年齢層別免許保有者の交通事故の発生状況をみてみると、16歳〜25歳未満の若者が最も人身事故の件数が多いことが明らかになっていて、その中でも特に10代のドライバーの事故発生率の高さは突出しています。 年齢条件とは、事故を起こす危険性が若年の運転者であればあるほど高い点から、年齢別事故の危険度の違いを任意保険料に反映させたものであると言えます。 各保険会社の年齢条件の有無、契約者が年齢制限をかけているかによって、任意保険料に大きな差が生じてきており、年齢が高ければ保険料は安くなり、年齢の低い人ほどその保険料は高くなります。 年齢条件というものは保険料を決める際に重要であること、また、いつでも変更は申し込めるということを覚えておきましょう。 契約したら1年間、またはある一定期間はそのままの契約内容でなければいけないということはないのです。 子供特約を付帯すると、親の任意保険の年齢制限を下げることなく、若い子供の運転中の事故も保障されるようになるなど、各保険会社でさまざまな特約もあるので、それを活用するのもよいでしょう。